【体験】カーディオ・バーは、トレーシー・メソッドの動きと似ている!女性らしい体型を目指せそう!

cardio barre5

ハリウッドスターのアシュリーシンプソンや、ダコタファニングも習っているという「カーディオ・バー」CARDIO BAREというエクササイズがあります。

バレエの動きを取り入れて体幹を鍛え、アップテンポの音楽を聴きながら60分間エクササイズを行います。

2017年9月現在、スタジオは東京の自由が丘だけになっていますが、これから流行るかも!

常々、バレエを習っていた友人の姿勢の良さにあこがれがあったので、早速体験レッスンに参加してきました。

今回は、レッスンの感想からお伝えします。

レッスン内容が、トレーシー・メソッドに似ている部分がたくさんあり!

レッスンは、ダンスエクササイズ、とHPでは謳っていますが、同じ動きを繰り返す筋トレっぽい要素が多かったです。

足を少し開き、膝をまげた姿勢=バレエのプリエのような姿勢で同じことを繰り返すので、足をその形にしているだけでもつらかったです。

バレエをしている、という感じではなく、バレエの動きを取り入れている筋トレ、という感じが一番しっくりきます。

前半は、バーを使っての主に足を鍛えるエクササイズ、その後は下記のインスタに載っているような0.5㎏のウエイトを使って上半身(腕)を鍛えるエクササイズ、最後に、バスタオルの上に寝転がって下半身や腹筋、背筋などを鍛えるエクササイズを行います。

前半のバーエクササイズが、「ザ・トレーシー・メソッド マット・ワークアウト編」の「椅子を使った足のエクササイズの動きに、後半のバスタオルの上で行うエクササイズは「マットを使った脚のエクササイズ」に似ている動きがたくさんありました。

私は、結婚式前に体を引き締めるため、トレーシー・メソッドを半年間、ほぼ毎日行っていましたが、その時は、からだの引き締まりを感じたので、この「カーディオ・バー」も、続けていれば体が引き締まり、ダイエット効果があると思いました。

ただ、バレエらしさ、を求めるのであれば、ホットヨガのカルドで行っていたバレエストレッチのクラスや、スポーツジムのバレエのクラスのほうがバレエらしさを感じます。

音楽も、バレエの場合は、クラシックでゆっくりした音楽でしたが、このカーディオ・バーは、アップテンポでダンスっぽく、おしゃれな感じでした。

スタジオが近くになく、でも、カーディオ・バーと似た動きをしたい、と思う場合は、トレーシーメソッドを参考にしてください。

また、ユーチューブにも海外のものですが動画があるので、参考にできそうです。

家で行う場合は、バーがないと思いますが、椅子で代用できます。

カーディオ・バーの体験レッスンの予約の流れ

①カーディオ・バーのHPから、体験申込をクリックし、メールアドレスを入力します。
届いたメールの中のURLをクリックします。

カーディオ・バーHP

cardio barre1

②氏名・性別・生年月日・電話番号・住所を登録します。

③スタータークラスのレッスンの中から参加できるクラスを選びます。

④体験料金をクレジットカードで支払います。

スタジオまでは自由が丘駅から徒歩1分!

カーディオ・バーのスタジオは、ミルシェ自由が丘というビルの5階にあります。(写真の真ん中あたりの白いビルです。)

ビルへの行き方は、東急大井町線・東急東横線の「自由が丘駅」正面口をでて、まっすぐ進み、信号を渡って右折し、未知の反対にみずほ銀行があるので、その前あたりのビルの5階です。

cardio barre1

画像引用:http://cardio-barre.jp/studios/

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2丁目10-4
ミルシェ自由が丘5階
東急大井町線・東急東横線
「自由が丘駅」正面口より徒歩1分
※セブンイレブン左手の奥にビルの入り口があります。

当日の持ち物は、ほぼ、必要なしだけどお水は必須アイテムかも

レッスンの当日は20分前にはスタジオについてください、とHPに書いてありました。

私が持って行ったのは、メイク道具、シャンプー、コンディショナーなどですが、シャワールームの中にはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープがあるので、メイク直しをすることだけ考えると、持ち物は、メイク道具だけで十分です。

ウエアも、下記のようなブラトップと、スパッツのようなものを貸してくれます。(体験レッスンのみ)

なお、カーディオ・バーの運営会社はイエナや、ジャーナルスタンダードなどを運営しているアパレルのベイクルーズです。

なのでウエアも当然ながらベイクルーズでした。

下記、体験会の服が貸してくれるウエアです。

体にフィットするウエアで、しかもひも部分が多くて着替えるのに時間がかかりました…。

私のように不器用な方、ウエアを持参したほうが時短かもしれません(笑)

また、お水は体験には含まれていないので、必須です。

現地で買う場合は、500mlのミネラルウォーターが113円で購入できます。

当日の流れ

当日は、まずフロントでアンケートを書きます。

cardio barre2 front

画像引用:http://cardio-barre.jp/studios/

アンケートは簡単なもので

・氏名
・年齢
・カーディオ・バーを何で知ったのか(インターネット、誰かの紹介)など。

その後、ウエアとバスタオル、フェイスタオルを借り、ロッカーで着替えます。

cardio barre3

画像引用:http://cardio-barre.jp/studios/

着替えた後は、スタジオに向かいます。

バスタオル1枚、0.5㎏のウエイト2個を借りてスタジオ内に入ります。

cardio barre4

画像引用:http://cardio-barre.jp/studios/

カーディオ・バーFAQ

バレエ経験がなくても平気?

バレエ経験、私はありません。体もかたいです。

インストラクターさんから、レッスンはアップテンポで進むので動きがわからなくて進んでしまう部分もあるかもしれませんが、気にせず、できる部分だけ参加してください、ということでした。

私も動きがよくわからなかったので、インストラクターさんを見たり、周りの人の動きをマネしながら参加しましたが、途中疲れたら休みつつも60分レッスンをこなすことができました。

レッスンに通う生徒さんの年齢層は?

場所が自由が丘だし、トレンドのレッスンだし…若い女の子が多いのかな?と思っていましたが、実際参加したレッスンでは、生徒数は15名ほど、その中で体験は3名でした。

思っていたよりは年齢層が高く、20代から60代くらいの女性でした。

平日会員でも値段が13,000円と、ジムやヨガに比べると料金も高額に設定されているからかもしれませんね。

料金は下記になります。

体験入会料金
体験レッスン(1回のみ) ¥3,500(+Tax)
入会事務手数料 ¥5,000(+Tax)
月会費
フルタイム会員  いつでも利用可 ¥17,000(+Tax)
平日会員  平日オープン〜18時まで利用可 ¥13,000(+Tax)
オプションウェア(上下)レンタル ¥2,000(+Tax)
引用:http://cardio-barre.jp/price/

体験の口コミは?

トライアルに参加した口コミです。

・肩甲骨回りを動かすので、肩こりに効果がありそう
・下半身、特に太ももにも効きそう
・筋トレみたいで結構ハード
・スタジオがおしゃれでテンションがあがる

体験後の勧誘は?

体験後、シャワーを浴び、メイクを直しその後帰りますが、帰りにフロントで参加したレッスンのインストラクターさんから、カーディオ・バーのパンフレットをもらって終了で、とてもあっさりしていました。

今まで、ピラティス、フィールサイクル、ホットヨガ、スポーツジムなど様々な体験に参加しましたが勧誘が1番少なかった(むしろなかった)といっても過言ではありません。

スタジオ内の設備は?

・ロッカー数…約77個
・シャワー…7(シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ)
・メイクルーム…椅子、ドライヤー5個(綿棒、ティッシュなど)

シャワーはレッスン後は使う方が多いので少し待ちますが、自由が丘店レッスン定員は最大で25人に対し、シャワーは7個です。

私が受けた土日の夕方のレッスンは参加人数が15名ほどだったので、待ち時間はそんなに長くはありませんでした。

最後に

レッスンの強度を考えると、

カーディオ・バー>フィールサイクル>ホットヨガ

になります。

カーディオ・バーは、同じ動きをアップテンポの音楽に合わせて繰り返すので、きついです。

似ていると感じたトレーシーメソッドのほうが、まだゆっくりしているかもしれません。

ただ、きついだけに続けると効果があるかな、と思いました。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。