【カルドのプログラム】フローヨガに参加!レッスン内容とポーズは?

caldo flow yoga
caldo flow yoga

カルドには店舗ごとに、様々なクラスがありますが、今回は、「フローヨガ」に参加しました。

フローヨガとは

フローヨガ、カルドのHPの説明は以下となります。

呼吸の流れを大切にしながらポーズからポーズへつないでいくクラス。ハタヨガのベーシックなポーズを中心に、テンポよく体を動かす楽しさを味わえます。

心身をリフレッシュし、本来の自分と向き合っていきます。

強度:★★

引用:http://www.hotyoga-caldo.com/program/

カルドには様々なプログラムがありますが、動きをつないでいくプログラムは、「フローヨガ」や、「ヴィンヤサヨガ」などです。

「フローヨガ」のレッスン内容は?

今回参加した「フローヨガ」のレッスン内容は主に、

・太陽礼拝A

を中心としたレッスンでした。

太陽礼拝の中のダウンドックや、プランク(四つ手のポーズ)、足と手のポーズなど、1つ1つの動きを丁寧に教えてもらいました。

また、英雄のポーズ(warrior pose)なども行いました。

太陽礼拝とは

太陽礼拝Aは、図のような動きになります。

sun salutation a

動画はこちらをご参照ください。

 

強度が★2つ。初心者でも大丈夫???

カルドは様々なレベルのレッスンがありますが、強度が★★星2つは、初中級になり、「初めての方も可」のレッスンですが、湿度35度から40度の中で行うので、ヨガ経験が全くない方は、少しきついレッスンのあるかもしれません。

特に★が2つでも、パワーヨガは、体力のない私はゼイゼイしてしまうことも多いです。

そして、インストラクターによってレッスン内容はかわってくるので、ご自身で色々な強度2のレッスンに参加してみて、ついていけるか考えたほうが良いです。

今回参加したクラスも、「はじめはきつい、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、続けることで、ポーズをとりやすくなってきます。」とのことでした。

確かに、レッスンのはじめと最後では、少しずつですが、柔軟性があがってポーズがとりやすくなっていることを感じました。

しかし、体は続けないと元に戻ってしまうので、定期的にレッスンに参加するほうが良いですね。

私も、家庭の都合で、週2回行ける時もありますが、夏休みなどはさんでしまうと、1か月くらいレッスンに出られないときがあります。

そうすると、身体が硬くなっていて、また初めから…という気持ちになります。

初心者の方は、まずは★1つのレッスンに出てみて、もう少し体を動かすレッスンがいいな、と思えば、★2つを受けてみるのも方法です。

まとめ

・「フローヨガ」のクラスは、ポーズをつなげてずっと動いているので、消費カロリー量としては多いと感じます。

・ポーズをつなげて行うので、レッスン後に達成感を感じます。

・カルドの強度2のレッスンは、インストラクターやレッスン内容によっては、初心者でもちょっときつく感じるものもあるかもしれません。