【世界仰天ニュース】老けにくい身体を作る!ウェンディ・イダさんの5つの習慣とは

世界仰天ニュースの再放送を見ていたら、66歳だけど、すごく若く見える女性が出てきました。彼女の名前は「ウェンディ・イダ(wendy-ida)」さん。現在は人気のあるパーソナルトレーナです。

彼女は、体重が88キロ、ウエストが80㎝以上でした。
そんな彼女ですがダイエットをはじめて、32キロ落とし、ボディビルの大会に出るまでに。

ウェンディさんが習慣にしている5つのこと

ウェンディさんが習慣にしていることで、老けにくい身体が手に入るようです。

・30分間の有酸素運動(ジョギング)…23年間30分のジョギングを欠かさないそうです。
・筋トレ…
・ストレスをためない…よく笑うようにして、ストレスをためない生活を送っているそうです。
・水を飲む…1日に3.8リットルくらい常温の水を飲むそうです。一回にコップ一杯程度です。
・野菜中心の食事…キヌアや玄米、ズッキーニ、ジャガイモ、パプリカなどをトルティーヤと一緒に食べていました。

食べないものは砂糖、1日はチートデイを作る

砂糖を摂取することで肌が糖化し、しわやたるみ、くすみの原因になるので、普段は野菜中心の生活ですが、週に1日は我慢しない日を作り、マフィンやケーキを食べるそうです。

最後に

ウェンディさんはとても明るい元気な方で60歳過ぎには全く見えまえせんでした。
老けにくい体にするためには、日々の努力が大切だな、と思いました。
私は運動をがんばると、すぐ腰痛になったり、どこか痛めたり、と長続きが難しいですが、日々努力したいな…とは感じました。

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。